イメージ画像

重曹活用@部屋の壁・床のエコ掃除

体や環境に害がない上に、汚れが落ちやすい重曹。
重曹を活用して家の中を徹底ナチュラル掃除!

今度は、部屋の壁と床のエコな掃除方法をご紹介します。

●壁

居間、寝室、こども部屋、客室などなど…部屋の数だけ壁があります。
壁はいろんな汚れがつきやすく、その中には頑固なものもあるんですよね。

部屋の壁の天井近くは、焼肉や鍋料理などで出た油煙や
タバコのヤニが原因の油分を含むホコリが溜まりやすい部分。
油分を含んだホコリは、5%濃度の重曹水を噴射してウエスなどで拭き取りましょう。

一度だけでは落ちない頑固な汚れには、何度か繰り返してください。
ただし、汚れが取れないからといって力は入れすぎないようにご注意を。

板壁や布クロスの壁を同じように拭くとに、シミや変色を起こす可能性があります。
その場合は、ハタキなどでホコリを取るだけにしておきましょう。

●床

・フローリング

脂性の汚れが激しい合板のフローリングや表面塗装がしてあるものには、
重曹水をさっと噴射してすぐに拭き取りましょう。
その後は仕上げに、固く絞った雑巾ですすぎ拭きをしてください。

無垢材のフローリングに重曹を使うことはおすすめしません。

・じゅうたん、カーペット

重曹を使ったじゅうたんやカーペットの掃除でよく知られている方法は、
粉の重曹を振りかけてしばらく置き、その後に掃除機で吸い取るというもの。

それにもう一手間を加えると、もっとキレイに仕上げることができます。
掃除機で吸い取った後、さらに重曹水でしっかり濡らし、
よく絞った雑巾で表面を拭き上げていくといいようですよ。
こうすると汚れ落ちもよくなり、気になる臭いもなくなるようです。

・畳やジュートなどのラグ製の床

床が畳やジュートなどのラグ製の場合、重曹は絶対に使わないでください。
重曹を使って掃除をすると、キレイになるどころかシミを作ってしまいます。

 

〜pickupサイト〜

ヒザ下脱毛インサイト新型アルトエコ

重曹活用@節電にも!照明器具のお手入れ法

いつの間にか溜まってしまう、照明器具のカサの汚れ。
この油煙が混じった油っぽいホコリ、実は明るさにも影響を与えるんです。

たとえば明るさを5段階で設定できるとしたら、
「4」あるいは「5」にしているのにそれほど明るくないと感じることはありませんか?
もしかしたらそれは、照明器具のカサに溜まった汚れに原因があるのかも…。

照明器具のカサ部分の掃除にも、重曹水が大活躍してくれます。

ガラス製やプラスチック製の照明器具には、重曹水で湿らせたウエスを使います。
重曹水で湿ったウエスで、ホコリを掻きとるように拭き上げてください。

このとき、配線部分に触れないように注意。
掃除をする前に、電源は外しておいてください。

照明器具が和紙製・木製・貝殻・繊細な金属製などの場合は、
重曹水で掃除をするのは避けた方がいいです。
それらの照明器具の掃除にはハタキなどを使い、ホコリを落とすようにしましょう。

掃除をする前とした後の明るさを比べてみてください。
設定は同じなのに、明るさが増していませんか?

照明器具が本来の明るさを取り戻せば、
1メモリくらい設定を下げても充分明るいことも多くあります。
設定は高ければ高いほど電力を消費してしまうので、下げた分、節電効果もあります。


このページの先頭へ