イメージ画像

重曹を使ったキッチンのエコ掃除法

家の中で汚れがつきやすい場所といえば、キッチン。
しかも頑固なことが多いから厄介なんですよね(^^;
効き目が強力な洗剤は、体や環境への影響が心配…。

そこでおすすめしたいのが、重曹を使った掃除法。
料理に使う重曹なら、体にも環境にも優しいエコ掃除ができます。
エコなだけじゃなく、洗浄力も高いからエライ!

まだ試したことがない方は、
ぜひ掃除に重曹を取り入れてみてください(^^)

<シンク>

水垢よりも油汚れがつきやすい部分。
古い歯ブラシなどに重曹(粉)を付けながらこすり、汚れを掻き出すように落としていく。

<排水口>

重曹を排水口入り口や内部、ゴミ受けカゴなどに、まんべんなくふりかける。
5分ほどおいて汚れを落としやすくし、古い歯ブラシなどでこすって水ですすぐ。

<コンロ>

濃度5%ほどの重曹水をアルミ以外の鍋に張って火にかけ、
五徳をその中に入れて「煮洗い」する。
そうすると、重曹を付けた古い歯ブラシで擦っても落ちない汚れも、落ちやすくなる。

ただ、長時間煮てしまうと、五徳自体の塗装がはがれる恐れがあるのでご注意。
五徳の様子を見ながら、汚れが緩んだ頃に取り出す。
その後はスポンジや歯ブラシで擦って汚れを落とし、最後はすすいで乾かす。

また、熱湯に重曹を入れると、激しくふきこぼれます。
くれぐれも注意してください。

<換気扇>

・直接排気式のプロペラファン

換気扇のプロペラは外してシンクに置き、重曹を振りかけて油分を重曹に吸収させる。
約5分後、重曹ごと濡らしたウエスで掻くように拭く。
そうすると、油が粘土化して取れやすくなる。

換気扇フード部分は、スプレーボトルに5%程度の濃度にした重曹水を入れる。
それをウエスに噴霧しながら(直接フードに噴霧すると重曹水が垂れて床などが汚れる)
重曹水での湿り気を調節しつつ、ウエスで拭き取っていく。

・ダクト排気式のシロッコファン

ケガをする危険性があるので、ファン部分は数年に一度プロに委託した方が得策。
換気扇フード部分は、プロペラファンと同じように掃除する。

 

〜pickupサイト〜

タントエグゼジューク

重曹活用@洗面所・風呂場・トイレのエコ掃除

体にも環境にも悪影響を与えてしまいそうな洗剤より、
無害な重曹を使ったエコ掃除がおすすめ。

水垢などで汚れやすい洗面所や風呂場、トイレの掃除にも、
重曹は大活躍してくれます。

■洗面所

水栓の付け根に溜まった汚れ、シンクの曇り、排水口ヘアキャッチャー部分のカビ汚れ…。
これらは重曹を振りかけて、古い歯ブラシで擦ってみてください。
そうすると簡単に落とすことができます。

さらに酢やクエン酸水をスプレーし、ウエスで磨いて仕上げると水栓部分もピカピカに!

■風呂場

<浴槽>

喫水線は粉の重曹を振りかけたスポンジを当て、力を入れないで円を描くように擦ります。
同じく湯アカが溜まりがちな給湯口の縁も、同じように擦ってシャワーで濯ぎましょう。
こうすることで、汚れの慢性化を防げます。

<洗い場>

床には重曹を振りかけて、古い布などで洗ってください。
タイルの目地がかなり汚れているようなら、ペースト状にした重曹を塗り、
しばらくおいてから古い歯ブラシで擦ります。

<洗面器やイスなど>

浴槽の喫水線と同じように、重曹を付けたスポンジで擦ります。

素材がプラスチックの場合、細かい傷がついてしまうことがあります。
そのときは、目立たない部分で一度試し、力を入れないで行うようにしてください。

■トイレ

<便器>

フタから便座・便座外周・便座裏にかけて重曹水をスプレーし、
しばらくおいてからウエスで拭き取ってください。
このとき、重曹水が電気器具部分に直接かからないように要注意。

便器内部は多めに粉の重曹を振りかけ、使い古しのスポンジなどで擦ります。

<床>

床はマット類を外して多めに重曹水をスプレーし、
しばらくおいてウエスで拭き取ってください。

壁がビニールクロスやタイル張りなら、同じように行います。
布クロスの壁の場合や無垢材の板壁の場合は、
乾いたウエスで拭く程度にしておくことをおすすめします。
重曹水をスプレーすると、シミになる恐れがあります。


このページの先頭へ